L'英雄2014 エロイカジャパン

0
    JUGEMテーマ:趣味

    L'英雄 2014年

    今年も エロイカ ジャパン「L'英雄」が富士河口湖町で開かれます。エロイカは今年、3番目の姉妹がイギリスに誕生します。
    「エロイカ ブリテン」が6月に開催されることになり、二女の「L’英雄」としても増々世界的な連帯が深まり大変喜んでいます。
    本部の話ではその後も3か国以上から「エロイカ」との連携でイベントを行いたいとの問い合わせがあるそうで、「エロイカ」が南半球で開催される日も来るのではないかと思います。

    さて、「L'英雄」は5月17、18日の開催です。今年のレギュレーションで変わったところは、ニュービンテージクラスで、スティールフレーム(クロモリ)ならビンディングでもワイヤー類が外部に露出していなくとも参加可能になりました。コースも変わる
    予定ですが3月の終わりには新コースを発表できると思います。エロイカブリテンからの参加もありますので、イタリア、イギリス
    人とのツーリングを楽しめることになります。

    今年もレトロファッションで富士河口湖町のいやしの里に集まりましょう!

    あき


     


    イタリアナショナルチームの活躍の陰で

    0
       イタリア決勝に進出!

       昨日、サッカー欧州選手権で、イタリアがドイツを破り、決勝にコマを進めました。
      大会前の評判ではでは、まさか、決勝に残るとはだれも想像していませんでした。
      ただ一人、友人のナショナルチームのフィジオテラピストのアントニオ パンニ氏は、大会前のロシアとの親善試合に0-3で負けた後、電話をしてきてスコアはひどいけれど大会ではうまくいくような気がすると話していたのを思い出しました。

      パンニ氏は、イタリアのファンタジスタと言われたバッジョのパーソンナルテラピストでしたが、バッジョがナショナルチームの一員に選ばれてから、イタリアナショナルチームのスタッフとして20年近く帯同しています。今では魔法の手を持つ男としてヨーロッパのサッカー界でも有名な男になりました。

      2002年の日韓ワールドカップの際、オフシャルコーディネイターとしてイタリアチームと働いたときに知り合い、いまだに付き合いがあります。

      昨日もテレビにイタリアチームのベンチにカメラが向くと、懐かしい顔がテレビに映ります。選手はどんどん変わるのですが、スタッフはまだ半分以上当時のままです。長い経験を持つ彼らが一番よくチームの状態を知っているわけですね。

      ところで、私は1982年のスペインワールドカップをイタリアで経験しているのですが、その時もイタリアが優勝しイタリアはみなテレビの前に釘付けになり、サッカーの話題で持ちきりでした。
      そのとき、国民がサッカーに気を取られているすきに、「スカラモービレ法」というインフレの率に合わせて給料も上がるという法律を国会で破棄してしまいました。
      そのおかげか、幸いにもイタリア経済は景気がよくなったのですが、70年代の終わりなど、年にインフレ率がが40%という時期もあって大変な不景気だったのです。

      さて、今週、国会で従業員の解雇がしやすくなる法案が通りました。組合が強いイタリアでは従業員の首切りは大変難しく、経営者側としては今までリストラなど到底無理だったのです。ですから、わざと会社をつぶすような荒療治も行われてきたようです。

      この前代未聞の不景気の中、組合側も譲歩せざるを得なかったのでしょう。

      しかし、イタリアナショナルチームが勝ち進むときに、どさくさに紛れて難しい法案を通すやり方は、今も昔も変わっていないようです。

      こうなったら是が非でも優勝してこの不景気も吹っ飛ばしてほしいものです。

      頑張れイタリア!

      あき


      Grifonissima 2009 (グリフォニッシマ)

      0
        5月10日午前9時30分、ペルージャの毎年恒例行事「グリフォニッシマ(Grifonissima)」
        が行われました。今年で29回を数えるグリフォニッシマは、ペルージャ市民マラソンです。
        知る人ぞ知る、丘の上の町ペルージャならではのアップダウンの激しいコース。マラソン愛好家、ベテランランナー達を毎年唸らせます。

        今年も午前9時ごろになると、どこからか人々が湧いて来るようにスタート地点に集まってきました。子供連れのお母さん、犬連れのお兄さん、みんなグリフォニッシマTシャツが似合っています(もちろんわんちゃんも)。

        コースは競技者部門の12キロとアマチュア部門の3,5キロ。
        9時15分。出発15分前。ペルージャの目抜き通り「ヴァンヌッチ通り」を何回も往復するランナー達のアップが激しくなってきます。そんな中、主催者達の挨拶がイヤホンを通して流されますが、誰も聞いていないのも、また恒例。
        9時25分。スタート地点のバルーンアーチの前に陣取った選手達。毎年、スタートダッシュ(奪取?)は重要です。次の年のポスターになるのですから。これを目的に、毎年同じ顔ぶれが見られるのも、また中小都市のマラソンの良いところです。
        「あ、あのミスタービーンに似たオジサンだ。」
        とか、
        「あれ、タイツの美脚おじいちゃんは、今年いないのかな。」
        とか。大阪桃山学院大学の学生さんたちの参加も恒例となりました。
        9時29分、そして30秒前…。緊張が走ります。主催者はスピーカーで「ビービーガーガー」。翻訳すれば、「ほれ、そこ、スタートするから危ないからどかんかい」。そして…バン!空砲と共に12キロ組出発!

        競技者部門のランナー達がいなくなると、次は3,5キロ組の出番です。出発と共に、子供達はダッシュ。コースをまるっきり無視して、パオリーナ城砦を駆け下り、聖ジュリアーナ競技場のゴールに駆け込むという短距離競争の模様を呈します。それ以外の人達は、思い思いに散歩模様。今年から犬を連れて参加する人は3ユーロ払うようパンフレットに書いてあったけど、誰か払ったのかなあ?「これ、ポチの分です。」とか言って。汚物処理代だろうか?それとも何?

        桃山学院大学の学生さんたちのコメントでは、「イタリア人って、下りではめちゃくちゃ飛ばすのに、登りにめっちゃ弱い。」そうなのです。確かに、人の多いポイントでは格好よく飛ばしてみたり、あまり走行計画?がないらしい。
        それでも、日曜日のすがすがしい朝、美しいペルージャの町を駆け抜けるのは本当に楽しそうです。来年こそは私も!アマチュアコースから始めよう!と毎年心に誓うのでした♪

        EMI.H
        グリフォニッシマ2 グリフォニッシマ4

        グリフォニッシマ6 グリフォニッシマ5


        イタリアの軽飛行機達

        0
           昨日、ペルージャの近くで軽飛行機のフェアがあったので行ってきました。

          トラジメーノ湖の旧イタリア空軍飛行場の跡地に今は民間の軽飛行機用の飛行場があり、毎年ここでイタリア全土から、軽飛行機マニアが集まります。
          人生を楽しみたいイタリア人は、「フェラーリ」よりも飛んでみたい人がたくさんいて、私と同じで「いつかは」自分の飛行機を持つのが夢という人にここで出会うことができます。
           イタリアらしいのは、小さな工房のような軽飛行機メーカーが軒を連ねて、自慢の製品をラインアップさせていました。

           何百機と集まった軽飛行機が離着陸を繰り返しているのを見ると、いつかは自分も「紅の豚」になれるかも(?)と希望がわいてきます。がんばるぞー!

          AKI
          aereo5 aereoo4
          aereo3 aereo2
          aereo1


          ウンブリアフットサル事情

          0
             2008年―2009年フットサルシーズンも終盤にさしかかり、長かったシーズンの苦労が実るチーム、残念ながら・・・のチームと明暗が分かれてきました。今回はウンブリア州のローカル情報を少しお知らせします。

             一足早く、「祝昇格」を決めたのがセリエBのCOARオルヴィエート。2年越しでようやく念願のセリエA2をプレイオフにもつれこまずに決めました!ここでは日本人プレーヤーの吉田輝君が大活躍でした(詳細は吉田選手公式サイトでどうぞ。http://akira.fcjapan.co.jp/)。

             また、「残念」な最新情報としては、小野選手もプレーしたことのあるウンブリア州内でセリエA1のチームとして頑張っていたC.L.T.テルニが、長引く不況の影響で運営不可能となり、今年一杯でフットサルチームを解散することとなりました。残念ではありますが、こうなると、マラン・スポレートフットサルチームがセリエA1に残留できる可能性も高まり、各チームの思惑は様々です。

             色々ありますが、これからもみんなをエキサイトさせてくれるプレーを期待したいものです!

            EMI.H



            ソフトボール09年開幕 ペルジャ

            0
               ついに今年もソフトボールの季節が始まりました。今シーズンは日本人チームを作ろうと張り切っていたのですが、残念ながらやはり少し人数が足りませんでした。
              しかし09年は、日本人は私を除きすべて新人、つまりイタリアに来てまだ一ヶ月にも満たないペルジャ外国人大学の語学学生たちですから、イタリア人と一緒にプレーする方が楽しそうで、彼らもそれを望んでいるのがよくわかります。特に女子学生の3人はチームの決して若くないイタリア人メンバーと話すのが楽しそうでこれからの上達?が楽しみです。
               昨日は、たった2回、火曜と木曜の合同練習を行っただけでウンブリア州の強豪、南米のドミニカ共和国チームと対戦しました。
              結果は、大方の予想に反して我がペルージャが 16対11 で見事に打撃戦を制して勝利! ドミニカチームにホームランを含む長打を何本も許したものの、ペルジャも私の2本の3塁打をはじめ細かくつなぎ、相手のエラーも手伝い見事に初戦を飾りました。
              それにしても南米の人たちの熱い性格には驚きました。イタリア人も沸騰しやすいのですが、彼らはそれ以上ですので気持ちの面で隙が出来やすく、十分にその隙をつかせてもらいました。
              まだ開幕戦ですが、日本人はこの試合には5人(全員で8人)がプレーして大活躍、ペルージャは一挙に今年のリーグ戦の優勝候補に躍り出た感があります。とにかく、私以外の7人の平均年齢は20歳と若くこれからの戦いが楽しみです。

              aki




              Forza Shun ! 3

              0
                 SHUN君の近況報告です。今週月曜日から、イタリアフットサルセリエAのチャンピオンチーム「ルパレンセ(Luparense)」で練習を行っています。
                ルパレンセの本拠地はヴェネト州のチッタデッラという小さな町です。
                (ルパレンセ オフィシャルHP http://www.luparensecalcioa5.it/)

                 シーズンも終盤に入っており、今年もルパレンセはトップを守っていますが、2位の追い上げが激しく結構緊迫しているようです。
                イタリアのトップレベルの選手たちと練習+生活を共に出来るのは、きっとSHUN君をもっともっと大きく成長させてくれることでしょう!乞うご期待。

                EMI.H



                Rovesciata spettacolare(Futsal)

                0
                  少し(?)ブログに載せるのが遅くなりましたが、2007年3月、当時のローマフットサルチームのCalderolli (カルデロッリ)選手のスペクタクルなシュートシーンが以下サイトで見れます(ちなみにニクシータ協会もローマチームを応援していたので、私たちのロゴも背景に・・・)。
                  http://it.youtube.com/watch?v=m-XQQNZ0bpc&feature=related

                  かっこいい!ですね。


                  FORZA SHUN!2

                  0
                    府中アスレのSHUNくんがイタリアへ来てから、早いもので2ヶ月が経とうとしています!
                    オルヴィエートでのセリエB体験を終え、先週は1週間、セリエA1のスポレートチームで練習を行いました。
                    やはり、セリエA1はレベルが高い、との感想。
                    試合の時は強面の監督、モンシニョーリ監督も練習試合の後は人懐っこいかわいい笑顔でパチリ。SHUN君に対する監督の評価もなかなかのものでした!今週からはウンブリア州からエミリア・ロマーニャ州へ移動。セリエA2のボローニャで練習です。ANCORA FORZA SHUN(まだまだがんばれ)!
                    mr.monsignori

                    EMI.H


                    Forza SHUN!

                    0
                      先々週から、東京の府中アスレチック・フットボール・クラブからSHUNさんがイタリア中部の美しい都市、オルヴィエートのセリエBチーム「COAR ORVIETO」へ練習参加に訪れています。
                       当たりの強い屈強なイタリア人選手に囲まれ、一生懸命にフットサルを練習しているそうです。イタリア語も習得中。がんばって!“In Bocca al lupo!”

                      EMI.H

                      Shun in COAR

                      写真は、COARのロレンツォ・アンセルミ会長と。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座