日本とイタリアの習慣の違い 12

0
    VITTORIA(勝利)の言葉はタブー

    冬季オリンピックの日本人選手インタヴューを見る機会が多いのですが、有力選手は皆、金メダルを目指すと勢いのいいことを話している(話させられている?)のが目立ちます。

    イタリアでは、勝利とか金メダルは試合前には絶対口にしてはならない言葉です。口にしたら運が逃げていくと信じていて、言葉に出したら縁起が悪いと思っていますので、「全力を尽くす」とか「幸運を信じている」などと答えています。

    日本では常に元気よく楽観的?に勝利やメダルの予測を軽々しく口にしてしまいますし、マスコミも超楽観主義で予測していますが、イタリアではマスコミも本人も悲観主義に徹しているようで勝利の言葉は最後までタブーです。期待されている選手に「VITTORIA」勝利の言葉は軽々しく使って話しかけてはいけないほどです。

    威勢のいい方が日本では好まれているようで、マスコミも冷静な判断を客観的に伝えることよりお祭り気分をもりあげることに重点を置いているように見えます。

    しかし、イタリアではジャーナリストは選手のポジティブな面も伝えますがネガティブの面、またライバルの実力などを正確に伝えることがプロのジャーナリズムと信じていますので大変厳しい論評も常に見受けられます。それだけにスポーツジャーナリズムの質と信頼は日本よりも高いように見えます。

    2002年、イタリアサッカー協会のオフィシャルコーディネーターを務めたことがあるのですが、ナショナルチームのスタッフは絶対に軽々しい予測を口にしませんでした。「毎回、準決勝まで残るのが我々の目標ですが、それさえも難しい」というのが常に聞かれる答えです。

    ザッケローニ監督の過去の試合前のインタビューで「勝利」の言葉を見つけることは不可能ですので確かめてください。

    とにかく、この悲観論?でイタリアはワールドカップ4回優勝を果たしています。

    アキ

     


    日本とイタリアのの習慣の違い 11

    0
       イタリアの暗い照明

      イタリアに帰ってきて、友人のアパートを借りて一か月ほどたちます。
      気が付くのはイタリアの屋内照明が日本と比べてだいぶ暗いことです。しかし見方を変えると
      日本が無駄に明るくしすぎているのではと考え直しました。

      今年の3月に日本に久しぶりに帰り、アパートの照明がやけに明るく感じて、蛍光灯を2本あるところは一本にし3本あるところは2本にすぐにしました。

      イタリアに慣れた目には明るすぎてまぶしかったのです。その日本の自宅の明るさに慣れ、イタリアに6か月ぶりに帰ってきて、それでも日本の落としたはずの自宅の室内照明に慣れた目にはイタリアはなお暗いのですから日本がもしかして明るすぎるのかもしれません。

      明るさも慣れの問題ですから、日本がすべてイタリアなみの照明の明るさにしたら相当な節約になることは確実です。
      しかもイタリアは夏時間を導入していて太陽の光を有効に使っています。日本でも電気代の節約はもっともっとできるはずですね。

      しかし、昔、よくは思い出せませんが、チベットの山奥に住む家族の家に、やっと電気がとどき、夜も電球で明るくなり、ついに文明生活が手に入ったと思いきや、自給自足の生活をしていた家族は電気代が払えず、娘を売らなければならなくなったというストーリーを思い出しました。

      現在の日本は文明という名のもとに身を売りながら生きているような気がします。原子力発電所を維持することで多くの大事なものを失っていくのではないでしょうか。

      電気のために便利さは手にしました。しかし、使いすぎはドラッグと同じです。イタリアのように節約に努めましょう。夏時間も導入して原発の稼働なくして行くことは可能ではないでしょうか。

      あき

       


      イタリアの家の価格

      0
         31歳の友人がついに家を買いました。

        2人目の子供ができて、イタリア人の友人がウンブリア州の田舎町に家を買いました。

        マンションタイプで約80平方メートル、寝室が2つ、応接間、バスルーム、トイレ2つ、それに小さい部屋が1つ、もちろんベランダ付。

        日本と違うのは、地下にガレージ、屋根裏に物置が付いていて、家と合計で140平方メートルはあります。

        さて、値段は80,000€、日本円で約1000万円、

        約2000人の住む小さな村ですが、ウンブリア州の州都ペルージャ市に車で20分です。

        去年までは120、000€だったようですが、不景気で大幅割引したところを逃さず、オーナーと直接交渉して決めたとのことです。

        日本と比べてどうなのでしょう。一極集中ではないイタリアですので、田舎町とはいえ、地域コミニティーが存在するため住みやすいのは確かです。

        アキ


        モトグッチとナポリ 4

        0
           
          ベスパとの遭遇

          1981年、ナポリはその前年、ナポリ郊外で起こった地震で混乱していました。
          大学の教室も危険なため使えないところが多く、時々、教室が見つからず、晴れていれば屋外の階段を利用して青空授業も行っていたこともありました。

          治安面も最悪でクートロを首領とするナポリの郊外カモッラ組織とナポリ中心部を支配する13のボス達の共同体と戦争状態でした。ですから、夕方8時にお店が閉まると、ぴたりと人影が町から消えてしまいます。

          このカモッラといわれるナポリ周辺のマフィア組織同士の抗争は何年間も続くのですが、一年間に300人以上が死亡するカモッラ史上に残る壮絶なストーリーとなりました。

          日本の治安の良さに慣れ親しんでいた私にとって、驚きの新体験でしたが、生来の好奇心旺盛な性格で、街角に立つ派手な化粧をした女性たち?以外はまれにしか歩行者に出会わないナポリの夜を歩き回っていました。もちろん十分に気を使ってはいましたが。

          ある夜、友人を送って行った帰りに、後ろからスクーターの2サイクルエンジンの音が聞こえてきました。狭い路地だったので、道の右側によってスクーターの通りすぎるスペースを無意識に作りました。
          そのとき、頭に衝撃が走りました。ベスパに乗った2人組の後ろに乗っていた男が私の頭を殴って走り去ったのです。

          頭を殴られて、頭にきた私は、一瞬ひるみましたが、そのベスパ プリマベーラを追いかけて走り出していました。
          2人組はスピードを上げて振り切ろうとしますが、路地が狭く、2人乗りということもありななかなか私との距離は広がりません、私も走ることと体力には自信があったので必死にあとを追います。

          走りながら暗い路地にもかかわらず2人組の様子が分かり始めました。2人は年齢が12から14歳くらいで、ナポリではよくあるスクーターでひったくるをする連中の一組であることが明白です。

          彼らこの日、獲物を探してベスパで流していたら、私を見つけてひったくるものを探しましたが、もちろん私は何も持っていません、腹いせに頭を殴って逃げ去ろうとしたに違いありません。
          この若い二人組にとってはひったくりはゲームの一種にすぎないのです。

          既に追いかけ始めて10分ほどたったでしょうか。私も少々疲れてきて、2人組との20メートルほどの差はどうしても詰まりません。この二人組が大通りにでてスピードを上げてを走ったらとても追いつけるものではありません、しかしベスパはどうゆうわけか、狭い路地をスラロームしながらぐるぐる走り回ります。
          こんなことをしていて何になるんだと考え始めたところ、有名なジュリアーノというカモッラのボスの住むフォルチェッラ地区に入り、なんとボスのアパートの路地の横に2人組は入っていくではありませんか。

          ためらいながらその路地の入口に駆け込んだ時に、2人は路地から15メートルほどのところにベスパを捨ててアパートに逃げ込みました。

          ついに追い詰めました。はてどうしようかと考える前にそのアパートのドアをノックしたら出てきたのは中年のおばさん、彼らのうちの一人のお母さんのようでした。まだあまり上手でないイタリア語で2人の無礼を抗議したところ、「まあまあ、そんなに怒らないで」と私をなだめ始めたとき、アパートのの奥から2人がドアの陰からこちらを覗いているのに気が付きました。

          その4つの目を見たとき、なぜか私は笑ってしまい、それをきっかけに緊張感と怒りが解けてしまいました。

           
          そのファミリアは、その地区のボス、ジュリア―ノが仕切る密輸たばこの販売でやっと生活している母と子でした。お母さんに2人のひったくり小僧と一緒にコーヒーを御馳走になりそのアパートを後にしました。

          この騒動で、ちよっとフォルチエッラ地区で有名になった私は、その後、二度とその手のグループから迷惑を受けたことがなく、また誰も怖がって歩くことがないナポリの下町を自由に闊歩することができるようになりました。(2つのゾーンに限りますが。)

          怒りを抑えることも大事ですが、その怒りをコミニケーションの力に変えることを学びました。

          ナポリでは多くの矛盾の中で生きていかなければなりませんが、矛盾の中でも生きる目的を持たなければならない人たちの知恵がナポリの人たちの明るさの後ろにあることを知ってほしいと思います。

          アキ



          日本とイタリアの習慣の違い 10

          0
             お皿はテーブルに。

            イタリアに来て、食事のとき気を付けなければならないのは、お皿を口に運んで食べてはいけないことです。

            日本の食器は小さく手に持って食べることは許されますが、イタリア(西洋料理)では、基本的にお皿はテーブルから離れてはいけません。

            日本人のくせで、ついついお皿を口の近くまで運んで、口の中に食べ物を流し込むことはイタリア人にとってはとても無作法なことになります。これをやったらあなたのお里が知れてしまう?ので絶対やってはいけないことです。

            もちろん、パスタ類を食べるときは、ズルズルと音を出してはいけないことはもうご存知ですよね。

            それから、日本人に多いのは、居酒屋でお酒のつまみに料理を食べるようにゆっくりといつまでもちびりちびり食べる人が多いのもウエイター泣かせの食べ方です。

            パスタは、温かいうちが食べごろなので、家族的なレストランでは、コックさんが出てきて、早く食べるようにせかせることもあるほどです。もちろん自分の作った料理を一番おいしく食べてもらいたいからです。

            また、テーブルにいる全員になるべく同時にお皿を持ってくるように気を使って料理をしているので、独りぐずぐず居酒屋的な食べ方をしていると嫌われます。

            何皿も目の前に置いて順番に箸をつけていく日本方式はイタリアでは通用しません。

            一皿を十分に味わってから、次の料理に移るのがイタリアの食べ方です。まだお皿に料理が残っていると次の料理が出てきません。ナイフとフォークを平行に並べてもう終わりですのサインを出しておかなければなりません。

            またサラダは2皿目のメインディッシュの時に食べるのが習慣です。2皿目の後は、甘いものかフルーツ、そして、食後酒、コーヒーときてやっと終わりになります。


            アンティパストに始まり、一皿目のパスタ類、2皿目の肉や魚料理、デザート類、食後酒が一般的なフルコースですが、必ずレストランでフルコースをとらなければならないことはありません、イタリアのレストランは大変わがままを聞いてくれるところです。

            好きなことを言ってウエイターを悩ませてください。ウエイターは微笑みを絶やさずにできるだけのことをしてくれます。メニューにないものでも注文できるところはたくさんあります。

            これは、日本のレストランよりずっとすぐれているところです。(有名観光地の中心街のレストランには期待できませんのでご注意)

            「イタリアで最も美しい村連合」の村々のレストランは皆さんのわがままな注文を必ず聞いてくれるでしょう。素晴らしい郷土料理と温かいもてなしを楽しめることを保障します。

            あき





            DC−9謎の爆発 2、 32年後の判決

            0
               32年後の判決 (ウスティカの惨劇)

              先週、イタリアの最高裁で、1980年6月27日、ウスティカ島上空で、イタビア航空機が謎の爆発を起こして乗員乗客合わせて81名が死亡する事故の判決が下されました。

              (事故の経緯は過去のこのブログの「DC−9 謎の爆発、1980年」を読んでください。)

              最高裁判決は、これまでの調査で爆発は機内で起こったものではないと結論づけられたにすぎませんが、責任の所在が航空会社にはないことがはっきりし、遺族に対して賠償などやっと進展する可能性が出てきました。

              それでは、どこに責任があるか、最高裁は、民間機の飛行の安全確保は防衛省にある事を示唆しましたが、事故の原因まで特定するには至っておらず、これからの調査が期待されます。しかし、これから、何年の時間が必要なのでしょうか。

              イタリアではほとんどの人々が真実に近いと思われるもののストーリーは知っているのが現実ですが、最高裁の判決が出ない限り、遺族への賠償が行われないことも事実です。

              この事故は、この30年以上の調査で、原因を隠すために大きな力が働いており、レーダー記録の隠匿や偽証などがはっきりしています。これからも調査の妨害が予想されますが、遺族のためにも早い事故原因の解明を期待したいものです。

              さて、日本ではJALの御巣鷹山の事故ですが、日本の著名な航空機事故の専門家たちが、この事故に限って沈黙を守っているのは不思議とは思いませんか。

              真実はどこに、イタリアは遅いけれどたくさんの妨害に負けず、裁判は進んでいます。日本でもこれからの真相を求める活動の継続を期待します。

              あき








              日本とイタリアの習慣の違い 9

              0
                日本は時報が最優先?

                 イタリアで驚くのは、よく電車が遅れることなのですが、日本ほど正確にダイヤが動いている国は見当たりません。しかし11月に一時帰国したら、けっこう電車が遅れるので逆に世界標準に近づき始めているのかと安心してしまいました。

                また、ある新聞に日本の高校生の学力の世界順位が韓国に大きく遅れていると警鐘を鳴らす記事がありましたが、韓国の受験競争が異常なだけでなんら心配に当たることはないはずです。
                異常な現象を見てそれに追いつこうとは!正常とは何かを世界を見渡して判断するべきではないでしょうか。

                それよりも大学でいかに独自で優秀な研究を行えるかが試されるべきでしょう。

                さて、本題は時報のことのでしたね。
                イタリアでもテレビとラジオで日本と同じように時報を伝えます。例の「いま、・・をお知らせします。」です。
                ところがイタリアでは時々、正確に17時でなく、17時02分をお知らせします。というアバウトな時報も良く聞こえるのです。

                最初にこの時報を聞いたときはなんといい加減なんだろうと思いました。

                が、

                ただ番組が100%終わった時に予定より2分多くかかってしまい、時報のアナウンスを2分遅らせただけのことなのです。

                日本のみなさんよく考えてみてください!

                時報は一番大事なことではなく、プログラムを完全に終わらせることが番組製作者の視聴者のための義務と良心であるはずです。
                この義務と良心に従い、イタリア人は時報を7時02分に遅らせても全く驚きません。時報はただ現在の時刻を知らせるだけのものですから。

                さて日本ではどうでしょうか。人の行動を犠牲にしてでも時報に合わせることが当然のように思われていませんか。確かに時間を守るのは社会生活において重要なことです。

                しかし、人間は完璧な機械ではありません。過ちと失敗を繰り返す動物なのです。それが人間の歴史と文化を作り上げてきました。歴史などは多くが人間の失敗の過去を書き上げたものと言っていいでしょう。

                ならば、イタリア人のように時報が1、2分遅れようと平然として、人間の作った番組の完璧な終わりを待つべきです。

                ハイテクノロジーが人間生活を豊かにするものであるはずなのに、人間がハイテクノロジーのために
                人間らしい生活を捨てなければならない時代の始まりは、あまりにも正確な時報から始まったかもしれません。

                時報にご注意!時間を自分のものにしましょう。

                アキ


                本物のモッツァレッラ

                0
                   モッツァレッラと フィオーレ ディ ラッテ(牛乳の花)

                  昨日、ナポリから2年前に卒業した元学生が訪ねてきました。お土産は本場のモッツァレッラ!久しぶりに美味しいモツァレッラを食べられて幸せな気分になりナポリ時代を思い出しました。

                  1979年に初めてナポリを取材で訪問した時はレストランに無造作に水につけて置いてある白いボールのようなものに興味を持ち注文して食べたのですが、その時は味の薄いチーズのようなものとしかわかりませんでした。

                  偶然、その後ナポリで教鞭をとることになり、モッツァレッラと再会したのですが、美味しさに気づくにはまたちょっと時間が必要でした。

                  1980年代、ナポリでは水牛のお乳で作るものだけをモッツアレッラと呼び、牛乳で作るものは「フィオーレ ディ ラッテ」としっかり区別していました。

                  本場のナポリでは、明白に原料の差を名前で差別化していたのですが、最近では白くボール状の水に入って販売しているものはすべてモッツァレッラと呼んでいるようです。(ナポリでは今も区別していると思いますが)

                  ですから、今では水牛のお乳で作るものは、わざわざ「モッツァレッラ ディ ブーファラ」と言わなければなりません。

                  作りたてのモッツァレッラは水牛のお乳の味が色濃く感ぜられ本当に美味しいのですが、3日もすると味は極端に落ちます。ですから、新鮮なうちになるべく早く食べるのがいいのですが、日本では空輸して店頭に並ぶとすでに味が落ちているということになります。

                  ナポリの郊外には製造、直売している店があり、美味しいモッツァレッラを食べたいときは車で買いに行きます。そこで食べるモッツァレッラはこの上なくおいしいことは食べた人にしかわかりません。

                  また、ナポリのピッツァはモッツァレッラ ディ ブーファラが使われていると思っている方が多いと思いますが、伝統のナポリピッツァには必ずフィオーレ ディ ラッテを使います。

                  なぜかといえば、ピッツァは本来、大衆的な食べ物なのでモッツァレッラを使ったら高価なものになってしまうこと。そして、ナポリのピッツァはローマタイプと違いやわらかいため、水分が多いモッツァレッラを使うとびちゃびちゃになってみっともないものになってしまうからです。

                  しかし、現在はイタリア全土で本物のモッツァレッラを使ったピッツァがメニューに載っていますのでこの伝統は崩されつつあります。ピッツァが高級化してきた証拠かもしれません。

                  しかし、モッツァレッラよりも安く一般的な牛乳が原料のフィオーレ ディ ラッテとは大変美しい名前とは思いませんか。

                  食文化は名称にも表れると思うのですが。

                  あき


                  チッタスロー(イタリアのスローシティー)とイタリアで最も美しい村連合

                  0
                    オルヴィエートはチッタスロー

                    スローフードはイタリアから世界に広がりましたが、日本でも聞いたことがあるかもしれませんが、チッタスロー(スローシティー)運動もイタリアからです。

                    スローフードが語られれば町自体がゆっくりと人間的なリズムで生きていこうということには必ずたどり着きます。食べることだけをゆっくりと地元の食材を使って安全なものにしようでは、ちょっと不自然で物足りないですね。
                    そこで生まれたのがチッタスロー(チッタはイタリア語でシティー)です。私の住んでいるオルヴィエートは最初の4つの町から始まったこの運動の中心的立場です。ですから、チッタスロー事務局はオルヴィエートにあります。 今では、世界各国に100以上の町が加盟しています。(残念ながら日本にはありません)

                    このチッタスローの大計画は 水素発電を後押しして、エネルギーの自給を実現できれば、結果的に世界平和に貢献できるはずだと考えています。 既に地中海を取り巻くスペインなどのチッタスローの町を中心に水素発電事業を推進、研究する会議を行っていす。

                    チッタスローは5万人以下、1万5千人以上の町で行われている運動ですが、世界中の町々が連帯すれば大きな発言力となるでしょう。 大都市こそが理想的な生活を保障してくれるとは思えません。イタリアでは小都市の生活を憧れる人々がおおく、できるなら小さな町に住むことが理想と思う人間がローマやミラノに多いのが現実です。

                    日本では、東京と大阪がすべてのような感がありますが、中小の町々が連帯すれば大きな力を持つことをこのチッタスローの運動を見ているとわかります。
                    我々の応援する、イタリアで最も美しい村連合と日本で最も美しい村連合の活動も同じように連帯を力に小さな自治体をアピールし、小さな村の素晴らしさを将来にわたり保ち発展させようと頑張っています。

                    今年のフランスでの美しい村の世界連合の会議で、世界連合のロゴが決まりました。このロゴは日本の美しい村連合の加盟町村の一つである上勝村の中学生のデザインが採用されたと聞いています。最も美しい村連合も着々と国際的に力をつけています。

                    チッタスローと最も美しい村連合の活動を肌に感じていられるオルヴィエートの生活は田舎が国際的であることの証明でもあります。日本でも美しい村の活動は世界的な連帯を意識して発展しています。
                    この活動から将来は国際化した小さな自治体の連合が日本の将来を語り改革する日が必ず来ると信じています。   (イタリアで最も美しい村連合は1万5千人以下の自治体で構成されています。)
                    アキ


                    ハイブリット車だけでないイタリア

                    0
                       燃費がいいのはメタンガス車とLPG車

                      イタリアでは、車の燃料として、ガソリン、軽油、LPG ,メタンの4つのガススタンドが整備されて使われています。日本では、ガソリンと軽油、が主に使われ、LPGはタクシーが利用していますが大変限られています。

                      イタリアではずいぶん前からLPGとメタンはスタンドも多く、特にLPGは高速道路上でも不自由なく給油できます。
                      最近、雑誌上でこの4種類の燃料別にテストを行った結果が出ていました。わかりやすく、10ユーロで何キロ走れるかのテストです。日本人から見ると意外な結果が出ていますので紹介します。

                      現在、ガソリンは1リットル1,85€ 軽油は1,75ユーロ LPGは 0,78€です。
                      (1ユーロは約98円)

                       
                      車は、ガソリン車、   BMW の1シリーズ (1600)
                         
                         
                         ディーゼル車(軽油)はルノー、SCENIC X-MOD (1500)
                         LPG車は、    アルファロメオ ジュリエッタ (1400)
                         メタンガス車は オペル、ZEFIRA  (1600ターボ)           、   
                         ハイブリット車の トヨタ PRIUS+ 

                      市街地走行:10ユーロで

                      1位、メタンガス車で OPEL ZAFIRA 138,9キロ走行 
                      2位  LPG    ALFAROMEO   112,9キロ
                      3位 ハイブリット  TOYOTA PRIUS+104,6キロ
                      4位 ディーゼル車  ルノーSCENIC  77,8キロ
                      5位 ガソリン車  BMW 116    58,5キロ
                       

                      高速道路:10ユーロで

                      1位 メタン、オペルZAFIRA     172,7キロ
                      2位 LPG,アルファロメオ       134,5キロ
                      3位 ディーゼル、ルノーSCENIC X-MOD 93,9キロ
                      4位 ハイブリッド トヨタ PRIUS+   84,9キロ
                      5位、ガソリン  BMW 116i     76,5キロ

                      山岳道路:10ユーロで

                      1位 メタン、オペルZAFIRA     127,4キロ
                      2位 LPG 、 ALFA GIULIETTA   99,3キロ
                      3位 ハイブリッド トヨタ PRIUS+ 70,9キロ
                      4位 ディーゼル車 ルノーSCENIC X−MOD 66,0キロ
                      5位 ガソリン車 BMW116i               49,5キロ

                      メタンガス車の抜群な経済性が目立ちますが、ガスタンクが重く、ガスの容量も限られるので
                      ガスを満タンにして走れる距離は300キロ前後です。
                      同じくLPG車もガスタンクがかさばりますが、メタンガスタンクより小さく、予備のタイヤハウスにさっくり入る50リットルタンクで約350キロ走れます。
                      2台とも航続距離は短いですが、ガスタンクのほかにガソリンタンクもありますので、ガスがなくなればガソリンに切り替えて走ることができますので、ガス給油ができなくても、問題なく走り続けられます。
                       

                      また、ガソリン車をガス車に改造するキットもあって20万円から30万円でガス、ガソリン兼用車にすることもできます。年に一万キロ走る人にはガス車がお得なのは目に見えています。
                      でもこれも政府次第で、現在メタンガスとLPGにはほとんど税金がかけられていないから安いのです。

                      日本でもタクシーだけにガスを使わせているのはもったいないとは思いませんか、ハイブリットのようなハイテクでなくてもクリーンで安く車を走らせる方法はあるのを再認識してください。

                      あき

                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座