日本とイタリアの習慣の違い 13

0

    JUGEMテーマ:スポーツ
    日本とイタリアの習慣の違い

    日本の学校スポーツは当たり前のように行われているのですが、イタリアではムッソリーニ時代に学校でのスポーツが
    盛んに行われていたため戦後のファシズモの否定とともに日本的な学校スポーツは姿を消しました。
    現在、義務教育で細々と週に2時間ほど行われていますが、スポーツレクレーションといった方がいい程度です。

    ですから、学校にはクラブ活動はなく地域のスポーツクラブでスポーツに親しむことになります。このクラブ組織が地域の横のつながりに役立ち、地方が元気なイタリアの自治に貢献しています。

    また、驚くことに16歳までは筋肉トレーニングや1500メートル以上のランニングは禁止されています。子供の成長に
    悪影響を与えることが証明されているためです。
    (イタリアでは市民マラソンの3キロや5キロクラスに16歳以下の子供たちの姿は見られません。)
    スポーツトレーニングは楽しむことを主体にプログラミングされていて、子供たちが楽しそうにスポーツを
    しているシーンがほとんどです。

    イタリアのスポーツの指導者が重要視するのは、子供の創造力で、創造力は16歳までにいかスポーツを楽しむかで決まるそうです。

    確かに、日本のスポーツ少年、少女は18歳までは世界レベルなのですが20歳を超えると見劣りがしてくるものです。スポーツも日々進歩するものですので、楽しむことで養えわれた創造力が次の世代のスポーツの発展に寄与することになるからです。

    イタリアサッカー協会ジュニア部の8歳からのサッカー教本の最後のページに書かれている言葉が、イタリアジュニアスポーツの精神を表しています。「この教本に数々のトレーニング方法が書かれていますが、ある日、創造力という名のもとにこの本が否定される日が来るかもしれません。それは悲しいことではありません。我々の未来にとってうれしいことなのです。」

    学校スポーツは、はたして日本のスポーツ界に何をもたらしているのでしょうか。
    日本の就職の新卒制度と同じように見直しが必要なのではないでしょうか。
    学校で教える先生のためにも。

    あき


    イタリアの男前

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般


      Come prima, più di prima, ti amerò〜♪(前のように、前以上に君を愛するよ〜

      一日が終わり、ほっと一息。音楽でも…と思っていたのに、曲の選択を間違えた。
      フェロモンむんむんのPatrizio Buanneのアルバムを聴いてしまったのですね。

      こんな風に朗々と歌っているのを
      21時以降に聞くものではなく、カフェインより眼が冴えてしまうこと必至です(フェロモンで目が冴えたい方はこちら→
      http://youtu.be/SaZ-9ZzuFyk
      でも、疲れは吹っ飛び、うっとり幸せな気分になってしまうのも必至で、今までに出会ったイタリアの男前さんたちのことを思い出して楽しい気分になりました。

       

      初めてイタリア男前DOCに会ったのは、15年前に遡ります。私はまだうら若き20代前半の乙女、お相手はアリタリア航空の男前。

      イタリアへの留学を控え、少しでもイタリア語を話す機会があれば…と友人の知り合いだったこの男前と食事に行くことになったのですが、イタリアの男前と二人でほいほい食事に行くなど、当時の私は純粋だったとつくづく思うのです

      新宿のとあるイタリアンレストランで食事を始めて、いかに鈍感な私でもフェロモンに気が付き始めた。なんだか、様子がおかしい

      君は何て美しいんだ…とうっとりして言われるほど、私はうぬぼれていない…その他の詳細は忘れたけれど、このような言葉を手を変え品を変え連発しまくったあと、このテーブルがなければ、僕と君はもっと近寄れるのに…とのセリフを吐きながら、ニジニジと近寄ってくる

      テーブルが合ってよかった とのけぞりながら私は思った。

      しかし、私のストライクゾーンをかなり外していた彼からでも(イタリアに暮らしているくせに、濃い顔よりも薄い顔のほうが好みなのです)、こんな様々な言葉で口説かれた経験は、カルチャーショックでもあり、今でも楽しく思い出す。
      イタリア男がもてるのは、彼らが発するこのフェロモンが女性を幸せな気分にする効果があるからだろうかとも思う

       

      イタリアに居ると、男前たちと仕事をすることも多い。うらやましがられるのだけれど、男前はたいがいワガママなので、私は彼らをじゃがいもと思って耐える。彼らから香ってくる香水やフェロモンはじゃがいもの味付けスパイス…

      今時、日本では草食系男子が多いようですが、イタリアの男前たちは完全に肉食。ねらいを定められたら御用心。でも最近は私の女としての株は不況の中さらに下落、上がるのは体重のメーターばかり…かくいう私こそじゃがいも化しているのですね

       

      以前は私なぞでも口説いてくれるもの好きな男前もいて、丁重にお断りしていたもので、

      イタリアで日本人の男を亭主に持つなど、イタリアでスパゲッティを食べないのと同じだ

      と言われたこともありました。うーん、納得。こんなにたくさんのイタリアの男前がいるのに、私ってもの好き。でも、私には男前は目で見て楽しむのが一番、相手にするのにはエネルギーが要りすぎる…。車で例えるなら、やっぱり日本車♪アルファロメオは魅力的だけど、壊れやすいしね〜。という感じです。

       

      日本の草食系男性が無色・無臭・無害だとすれば、イタリアの男前さんたちは派手香水臭有害。それでも、私はイタリアの男前たちが大好き。ハートに忠実で色っぽくて、チャーミング。これからも彼らのフェロモンで楽しく幸せにしてもらおうっと


      EMI.H 


      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座