<< エロイカに行ってきました | main | エロイカジャパンの大会名の変更 >>

エロイカの自転車

0
     中古自転車の祭典

    エロイカは簡単に言えば、中古自転車で昔の過酷な未舗装道路を走って自転車が主役だった時代を実際に体験してみましょう。というイベントです。

    参加中古自転車は色々ですが、例えば私の友人の自転車は、2007年、エロイカに出るために購入したものですが、全く無名のイタリア製自転車の1980年後半のものと思われるもので、80ユーロ(8000円)で購入後、ハンドル、ワイヤー、摩耗したギヤタイヤ、リムなどに交換、合計で約4万円でしあげてエロイカに参加してきました。
    けっして美しい自転車ではないのですが、友人は大変楽しんで135キロを完走し、ゴールのガイヨーレのバールでみんなとキャンティワインで乾杯していました。

    参加者の中には名門の自転車の中古を購入し参加してくる方がいますが、オールドサイクリストは、すでに持っている1987年以前の懐かしい愛車を整備して参加する方が多く、若いころのレース体験の思い出話に花を咲かせます。

    また、若い旧車愛好家はコツコツ収集したフレームや部品を組み合わせエロイカで晴れの舞台にデビューさせます。このタイプの参加者はジャージなどにも凝っていて大変おしゃれなのが特徴です。ここで古い世代と若い世代の接点が生まれ、世代間の情報交換が実現します。

    オールドサイクリストとヤングサイクリストに貴重な情報がおしゃべりにより伝わります。自転車を共通の話題として、友人という関係もここでは世代と国籍を超えて生まれていきます。

    エロイカのテーマの一つである、自転車の文化の将来への継承はガイヨーレ ディ キャンティでこのように現実に行われています。


    参加できなかったヴィンテージサイクリスト。

    私のまだ20代の友人はエロイカのためにわざわざひげを伸ばしてヴィンテージファッションで固めて参加しようとしていたのですが、参加希望者があまりに多く参加できなくてがっかり、ひげをそり落としてエロイカを見に来ていました。しかし、ちゃっかりお目当てのヴィンテージパーツを獲得!
    めげずに来年の3月1日はコンピュータの前に張り付いてエロイカの参加申し込みをするつもりだそうです。

    あき


    コメント
    こいけ@東吾妻町 です。
    はじめましてではないような気がしますが、
    ブログにお邪魔するのは始めてなので、はじめまして!
    東吾妻むかし道 で検索して辿りつきました。
    エロイカ 面白いですね。
    こちらでも、クロモリだけのロードレース大会や、旧車自慢大会なんかが開かれるようになりまして、なんだかんだで。盛況なんだそうです。

    でも、ヴィンテージ車で未舗装を走るって、、服装もヴィンテージ、なんですか。
    そこまで徹底しちゃうところが、自転車史愛するお国柄。
    すばらしい。

    しかし、1980年代もヴィンテージ扱いでOKとは…
    先月 塗り替えたばかりのフレームがあるのですが。このフレームまだまだ第一線で乗るつもりでしたが…冷静に考えると1986年にオーダーしたもので、ヴィンテージ扱いでもいいのね?
    「おおか年寄り扱いすんなや。まだまだ若ぇつもりなんさ」声が聞こえそうです。
    …確かウールのウエアも押し入れにあったはず。東吾妻町むかし道で着ちゃおうかな?
    • 小池幹義
    • 2012/10/10 10:13 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座