<< 日本とイタリアの習慣の違い 9 | main | L’英雄は世界中から >>

エロイカジャパンは L’英雄  L'eiyu

0
     L'Eiyu、 L'英雄 となりました。

    エロイカジャパンはある理由でエロイカの日本語訳の「英雄」とイタリア語の冠詞、L’を付けた造語、「L’英雄」「LEiyu」とすることになりました。

    エロイカ会長のジャンニーニ氏もこのイベントタイトルを気に入ってくれて、我々としてもほっとしているところです。

    しかし、このタイトルの問題で準備が相当遅れていますので、5月19日、富士河口湖での一回大会は、家庭的な雰囲気になることは確かになってしまいました。それにもかかわらず、イタリアからジャンニーニ会長をはじめ既に15名が富士河口湖に走りに来てくれることを宣言してくれました。

    さて、第一回目のレギュレーションはエロイカのものを大雑把に適用しようと考えています。1987年以前に生産された自転車がメインのエロイカカテゴリーですが、もちろん消耗部品に対してはこの規定は当てはまりません。

    また、ヴィンテージタイプのカテゴリーも設けようかと考えています。フレームがスティールであれば、新車でも参加可能とする方向で考えています。(詳細は決まり次第、L'Eiyuのホームページでお知らせします。)

    我々がこれから実現したい「L’Eiyu」はヴィンテージ自転車を通して歴史を再認識して、自転車文化の発展を目標とするのですが、一番大事なのは、サイクリスト間のコミニケーションの場を作ることだと思っています。
    ヴィンテージ自転車の世界はどうしても限られた狭い世界になってしまいますが、我々のイベントはヴィンテージ自転車をテーマにして人と人の会話を作り上げてもらうことで自転車の歴史と文化を後世に伝えることを目指しています。

    エロイカは、人が過酷な「ストラーダビアンカ」を走り、過去の歴史を体験し、先人たちとのコミニケーションをはかり、文化を継承するのが目的です。あくまで人が主人公となることを忘れてはいけません。毎年10月、シエナの丘陵地帯をヴィンテージ自転車で走るサイクリストのチャーミングなことは写真などで皆さんご存知のとおりです。

    5月19日、富士河口湖でもたくさんの素敵な日本人サイクリストと会えることを期待しています。

    あき


    コメント
    19日行われるのを見に行きたいのですが、どうしたら良いのでしょうか?、問合せ先を教えて頂けませんか。
    文京区在住です。 10年程前に新しいペダーセン自転車を手にいれたのですが、それでも参加出来るのでしょうか?
    • Seiichi Hayama
    • 2013/05/01 5:58 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座